ランナー向け完全ワイヤレスイヤホン『Jaybird RUN XT』2/7より発売!

Running the Thames presented by Jaybird

ランナーの目線で開発したイヤホンを提供するブランドJaybirdから、ランニングに最適な完全ワイヤレスイヤホン『Jaybird RUN XT』を2019年2月7日(木)より全国の家電量販店、オンラインサイトで販売されます。参考価格は23,880円(税抜)です。

前作、完全ワイヤレスイヤホン『Jaybird RUN』は2018年9月に発売。本製品は、RUNの特徴をそのままに、IPX7を取得し丸洗いを可能にしたほか、ソフトウェアの改善により接続の安定性の向上、BLACKおよびGRAYの新色での展開によるデザイン性の向上されました。

運動後の汗を丸洗いで洗浄可能

IPX7(30 分間 1m の水深に水没しても製品に浸水しない)を取得しており、丸洗いが可能。イヤ ホンについてしまう運動後の気になる汗を水で洗浄することができます。

ソフトウェアの改善により接続の安定性が向上

完全ワイヤレスイヤホンでは、プレイヤーと本体の接続、左右に分かれた本体同士の接続と複数の接続を行っており、接続に対して高い技術を要します。一方で、快適なリスニング環境を保つためには、接続が途切れたりしないよう、接続の安定性が重要です。本製品はソフトウェアの改善により初代「RUN」よりもさらに安定した接続の安定性を達成しています。

新デザインBLACK、GRAYでの展開で、デザイン性を向上

『JAYBIRD RUN XT』ではBLACK、GRAYの新色での展開となっています。前作にはない全く新しいデザインの採用で、より現代的なデザインを取り入れているとのことです。

ケース兼ポータブルバッテリーの組み合わせで計12 時間のバッテリー持続時間

本製品のケースは充電器でありポータブルバッテリーにもなっています。充電の際はケースにイヤホンをセットし、ケースに対しUSB2.0の充電ケーブルを接続するだけで、イヤホン本体とポータブルバッテリーでもあるケースに充電されます。2時間でフル充電状態となり、イヤホン単体で最大4時間の連続再生が可能です。さらに、ケースには8時間再生分の充電が可能で、計 12 時間の音楽再生が可能。

アプリによる高性能イコライザー

スマートフォンアプリ『Jaybird』アプリと本製品を接続することで、ビジュアルイコライザーを用いて低音のブーストや高音・中音域の強調など様々なカスタマイズが可能です。アプリには世界のランナーのセッティ ングなども保存されており、自分の発想にないセッティングも可能です。設定は製品本体に保存され、アプリとの接続が無くてもカスタムした状態で使用可能です。

イヤーチップ、イヤーフィンのカスタマイズで耳にぴったりの着け心地に

耳の中に入れる部分のイヤーチップは丸型と楕円型の形状でそれぞれ S/M の 2 種類 2 サイズ、耳輪に添わせる部分のイヤーフィンは4サイズ同梱しており、カスタマイズすることで、どなたにも適したフィット感を感じることが可能。

Jaybird RUN XT
製品名:Jaybird RUN XT TRUE WIRELESS SPORT HEADPHONES
価格:オープン価格
参考価格: 23,880 円(税抜)
発売日: 2019 年 2 月 7 日(木)
イヤホンタイプ:インイヤー(カナル型)
本体サイズ(幅 x 奥行 x 高さ):14.3mmx19mmx19.5mm
重量:6.83 g (本体のみ)
本体カラー:BLACK、GRAY
電源:リチウムイオン電池
充電方式:USB 充電
フル充電時間:約 2 時間※ (急速充電 5 分=1時間)
連続再生時間:最大 12 時間※ (本体 4 時間 + 付属充電ケース 8 時間)